池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

「お茶引き」とは、どういう状態で起こってしまう?そもそもお茶引きってどういう意味なのでしょう。

「お茶引き」というのは、
実はネガティブな表現で、
あまり良くない状態に使われる言葉です。
「お茶引き」は何を意味するのでしょうか?

「お茶引き」はお客様が来なくて待機している状態をいいます。
お茶引きとは、セラピストさんが出勤日にお客からの指名がなく、
ずっと待機している状態のことです。せ
っかく出勤してもまったく仕事がないという意味なので、

メンズエステの世界ではネガティブな意味合いとして使用されています。

この「お茶引き」
遊郭で暇なセラピストさんの仕事が由来
この言葉の語源はさまざまな説がありますが、
一般的には「遊郭で、お客様に出すお茶は、指名の無い暇な遊女が出していた」
ことが由来になっているという説が有力です。ほかにも
「暇なために待機中はお茶ばかり飲んでいる」という説もありますが、
どちらの語源も言葉自体の意味は共通しています。

メンズエステのお仕事はお客様から
たくさん指名があれば稼げるのですが、
お茶引きの状態では稼ぐことができません。

いくら出勤日数を増やしたり、
時間を延ばしたりしても、
その日がお茶引きだったら無駄になってしまいます。

メンズエステの仕事における主な給料のシステムは、
時給制と出来高制です。

時給制であれば出勤している時間に応じて収入が入りますが、
出来高制の場合は、相手をしたお客の数によって変わります。


お店によっては保証を打ち切られることもあります。
保証制度のあるお店に在籍していて、
お茶引きを気にしていないというセラピストさんもいるかもしれません。

しかし、決して油断なりません。
お茶引きが長く続いて稼げない状態が続いた場合は、
保証が打ち切られることもあります。

お店としては、稼げるセラピストさんだから、
お茶引きも許して保証をしているのですから、
やはり限度を超えてしまったらその制度は適用できないのです。

お茶引きは、
稼ぐことができない状態を表すネガティブなワードであり、
働く意欲のあるセラピストさんにとっては避けたい現象です。
お茶引きの原因と対策を知ることで、
待機をすることなく忙しく稼げるセラピストさんになってください。

例えばマッサージのバリエーションが少なかったりワンパターンだと
お客様からは飽きられてしまいますし、
そもそも相性が悪かったときには、
リピートすらもらえません。

いっそのことお客様の
好みの聞き出し方に工夫をしてみても良いでしょう。