池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

感謝することは、とてもよい事です。

あなたは、お客様への接客の前、

もしくはお客様への接客が
終わったあとに一言ありがとうという言葉を
使っているでしょうか?

Shut up!
むしろ、有難うと言われるべきでしょと
内心思っているセラピストさんも
まずはお聞きください。

面白くないお話かもしれません。
ですが基本的に感謝の気持ちなくては
人は生きてはいきません。

人は一人で生まれ一人で死んでいく生き物ですが
社会的生き物である事には変わりないからです

人は孤独を恐れる生き物です。
それは孤立するという事が危険だという事を
本能的に知っているからでしょう。

何故なら人は一個人では弱い生き物なので
犬にさえ殺されてしまう生き物だからです。

つらい事っていっぱいありますよね
お茶の日が続く気持ちが沈んでしまったり
明日が不安になっていきます。

ですが感謝とは、幸せに気付かせてくれるものです。
幸せだという気持ちから、感謝の言葉が出てくるのです。
ちょっとした、ささやかなものでも感謝することは、
その瞬間に感じた幸せをより大事に出来るものです。

ありがとうと言う言葉は、
漢字にすると「有難う」となります。
有り得ることが難しいと書くのです。
有り得るということが、奇跡だということです。

有難いと思うこと、
そう感じる心が感謝を感じる心なのです。
なので、感謝の気持ちは、自分に幸せを気付かせてくれるのです。

感謝は、するのもされるのも強制できない感情なのです。
何かをして貰って、嬉しかったら自然と心からありがとうが
湧き出てくるのが感謝です。

嬉しいという感情は、
自分ではコントロールできるものではありません。
心から自然に湧き上がってくるのが感謝、つまり本音なのです。
どんなに嘘をついていても、正常な心を持つ人間である限り、
心は本音を忘れません。

 感謝の気持ちは優しさをくれます。
優しい人ほど、感謝をしているものです。
さらに優しい人なら周囲に話せる人、頼れる人であふれてきます。
何故人が寄って来てくれるかと言うと、
ちゃんと感謝の言葉や行動をしてお礼をしているからです。

お金や物がなくても、
「ありがとうございます」の一言を
忘れなければいいのです。
言葉だけで十分なのです。
お礼を言われて嫌な気分になる人はいません。