池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

「本番強要客への対処法」です。

メンズエステで働く上で、
絶対に熟知しておきたいのが
「本番強要客への対処法」です。

メンズエステはお客さまのご自宅やホテルや
ワンルームのマンションなどという隔離された空間でサービスを
行うため、数本番強要に出くわしてしまう事もあるのです。

なんの対処もせずに「本番ができるお店」という屈折した評判が広まると、セラピストからの信頼を失い、女の子の新規入店も見込めなくなり売上に大ダメージ。

そもそもメンズエステでは本番は禁止されていますし、
そのような事態は絶対に避けたいところ。

そのためにもメンズエステ店舗は、
「本番強要をどう対処するべきか?」
「どのような事前対策ができるのか?」を
知っておかなければいけません。

本番強要への対処法をお伝えする前に、
本番強要(客)の定義と違法性の有無について説明いたします。

メンズエステにとって必要不可欠な知識ですから、
知らない方はこの機会に学んでおきましょう!

そもそも本番強要するお客さんってどんな人?
本番を強要すると書いて本番強要。
そのような行為に及ぶ利用客を本番強要客、
略して「本強客」なんて呼ぶこともあります。

言葉のイメージ的に、
本番を無理強いする力任せな利用客と思われがちですが、
メンズエステにおける本番強要のラインは
言動の時点で本番強要客として、即時サービスの中断が可能です。

言動から見る本強客の特徴についてですが。

他のセラピストは本番させてくれたとしつこく匂わせる
優しい口調で「挿れたい」「挿れていい?」と発言する
施術中に事故を装って挿入しようとする
お金をちらつかせ本番行為を要求する
暴言・暴力等で無理やり本番行為に及ぶ
店舗やセラピストによって本強客の定義は異なりますが、
「本番行為を匂わせる発言を繰り返す」だけでも本強と認定し、
厳しく対処する必要がああります。

本強客の定義における認識を
お店とセラピストですり合わせておきましょう。
 

本強は違法!しかし犯罪として取り扱われるのは稀……?
では本番強要は違法なのでしょうか。

結論から先にお答えすると
「違法ではあるものの、犯罪として立証が難しい案件」といえます。

例えば「お金をちらつかせ本番行為を要求し、実際に行為に及んだ場合」、こちらは“売春防止法第三条”に違反します。

しかし現状この法律には罰則が決められていないので、
違法ではあるものの罪を問うことはできません。


「反抗できないほどの暴行や脅迫を用いて本番行為を強要した場合」
は“刑法第百七十七条”に違反する可能性があります。

ただし女性が抗えないほどの暴力や脅迫、
恫喝が行われていたことを明確にできなければ、
犯罪として扱われるのは難しいのが現状だそうです。