池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

赤い唇の魅力

一時は古臭いとはやされたのは今や昔の話で

赤い唇は韓国コスメのブームと共に
もはや不動のコスメとして
その存在感を放っています。

真っ赤な唇といえば
パンクロックスターの
デビー・ハリーとスージー・スー
マドンナやリアーナといったポップミュージックアイドル

シーズン毎に流行り廃りはあるかもしれませんが
基本的には美の定番として残こっております。

どんなシーンにもマッチしやすい万能ドレス)と
同じ位置づけ、っていうことは周知の事実。

いつもの自分とは違ったメークにトライするのに最高。
なのに、赤リップへの不満で一番多いのが「いまいち自分に似合わない」という声
そう思っているあなたにも、あなたが輝くぴったりの赤リップが必ずあるものです♪
赤リップは決して1種類じゃないから。

ですがその美の象徴の
その魅力の存在には
あの美女の影があります。

オードリー・ヘプバーンです。

オードリー・ヘプバーンのつける唇には
特別な魅力がありました。

マリリンモンローのように宝満なバストが
あるわけでもありませんが赤い口紅をつけているだけで
その魅力はとても女性的な魅力に変化することができます。

赤い唇を身につけることは、本質的に自信を示します。

単にそれをつけるだけでも、女性としての魅力が自信とあり
意識的で、大胆で物怖じせずに接客する事が可能です。

それは女優になる事を意味します。

それから、自分にぴったりくる
赤のトーンを見つければ、
それは例外なく喜ばしいことですよね♪

あなたの最高の“モテ唇”を演出してくれる赤い口紅
つけるだけで女性らしさや魅力度もUPする、優秀なコスメです。
目を惹く赤い口紅の魅力はお客様を誘惑する
魔法の道具です。

そしてヘプバーンがかつて言ったように
「嫌な日には、いつでも口紅を」。