池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

謎の多い、メンズエステそもそもどのようにして誕生したものなのでしょうか?

世の中の男性の疲れた心と体を癒すお店
今や確固たる地位を築いているメンズエステ。

リンクスのメンズエステは
マンションの一室を活用したルーム型の非風俗エステになります。

しかしこのメンズエステ、
そもそもどのようにして
誕生したものなのでしょうか?

その成り立ちに迫ってまいりましょう♪

仕事や家庭生活に疲れたお父さんから、
草食系の若者まで、あらゆる世代の男性に支持されている
ヌキなしの非風俗メンズエステ。

初々しい“素人系”の美女が癒し成分たっぷりのアロマオイルと
優しい手技で心がとろけるようなひとときを提供する……
そんな非風俗メンズエステは、現代という時代にベストマッチしていますが、

その起源は1990年代の半ば頃と考えられます。

当時、「エステ」といえば女性向けの「美容エステ」だった時代。
都会の歓楽街の片隅でひっそりと誕生し、
やがて人気を呼んで爆発的に広まった男性向けの「アジアンエステ」が、

やがては日本ならではの「リラクゼーションアロマエステ」に
つながっていったという説が有力です。

アジアンエステの台頭
沖縄や九州を中心として
1990年代の後半~2000年代の初め。

アジア系の美女によるアカスリをメインにした韓国式エステ、
伝統的な推拿(スイナ)のテクニックを活用した
中国式エステがひそかな人気を得て、
じわじわと店舗数を伸ばしていきました。

ヌキなしではあるものの、
精力増強マッサージ(回春・睾丸マッサージ)を
提供するお店も現れます。

そのほか、独特の「足踏みマッサージ」が絶妙に気持ちいい
ということで台湾式エステも人気を得て、
特に東京や大阪の都市部はアジアンエステ一色となっていくかに思われました。

しかし無許可で風俗サービスを提供するお店が一部で現れ、
大規模な摘発が行われたこともあって、

エステは一時衰退します。


そんな状況の中、
「日本人セラピストがアロママッサージを提供する」
というコンセプトを掲げるお店がぽつりぽつりと現れ始めました。

一説によると、
1990年代の終わりから2000年代にかけて沖縄県で人気を博していた
「洗体エステ」が、全国に広まっていったといわれています。

なのでメンズエステは
沖縄が発祥の地と言われています。


南国風味のパレオや水着を身につけた可愛い女の子が、
モコモコの泡をたっぷり使って全身をトリートメントする……!

それが洗体エステの基本ですが、やがてここから
「ちょっぴりセクシーな女の子がマッサージする」という要素が抜き出され、
日本独自の「リラクゼーションアロマエステ」が誕生します。

さらには鼠径部ギリギリの
トリートメントを行うお店が増え、
大人気となって現在に至ります。

そして今、ヌキなしのアジアンエステも再び活況を呈して、
多種多様なコンセプトを持つメンズエステが見られるようになっています。

風俗エステの歴史
上にも書きましたが、

メンズエステの起源は沖縄県で誕生した
「洗体エステ」にあるという説が有力です。

洗体エステそのものも全国に広まりましたが、
その中から「美女がマッサージ」という要素を特化させたメンズエステが生まれ、
鼠径部マッサージなどちょっぴりエロスを感じさせるサービスも人気を得て、今に至ります。

こうしてメンズエステ業界は
今、全盛期を迎えているわけです。

今回は、「メンズエステの歴史」をテーマにお送りしました。
アジアンエステや沖縄発祥の「洗体エステ」が起源となったメンズエステのサービスは
今、幅広い年齢層の男性から熱い支持を得ています。