池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

Q:マイナンバー制度について



Q:メンズエステでこれから働こうと考えておりますが、
昼職もしているので、会社に副業をしていることをバレたくありません。
メンズエステで働く場合
に身分証明書以外にマイナンバーの提出などは必要でしょうか?


ご質問ありがとうござます!

ではご質問に関してお答えしていきたい思いますが
まずはマイナンバー制度がいまいち分からないという方もいらっしゃると思いますので
マイナンバー制度からご説明していきますね。

マイナンバー制度とは?


これまでは、いろんな公的機関は、
(市役所・税務署・年金事務所など)
それぞれで独自の方法で個人情報を管理していました。

マイナンバー制度を導入することで、
こういったお役所間での個人情報をやりとりしやすくするんですね。

お役所どうしで、
「マイナンバー○○○番さんの情報をください」
といったように、個人情報を照会することが可能になります。

そしてマイナンバー制度の正式名称は皆さんご存じでいらっしゃいますか?


社会保障・税番号制度


この正式名称を聞くと大体どんな内容か想像がつくのではないでしょうか?

ざっくりと説明すると、国民各自に番号をつけて社会保障や税金の徴収をスムーズに行うためのシステムになります。

今回のご質問の内容から察するに、メンズエステのお店にマイナンバーを提出したら、
昼職の会社に掛け持ちが発覚することを心配されていると思いますが

そもそもマイナンバーを教えたからといって職歴がバレることは基本的にありません

会社がマイナンバーの申告を従業員に要請するのは、あくまで源泉徴収票を発行する上で必要になるからです。
基本的にマイナンバーの提出を求める会社というと、年末調整を行っている会社くらいでしょう。

メンズエステのお店の全てとは、いいませんが
働くセラピストさんを社員扱いではなく、個人事業主として扱うためメンズエステのお店側でセラピストさんの年末調整をする必要が無いので
マイナンバーの提出が面接時や、採用後も不要となるところがほとんどです。

ただし、年末調整を行うメンズエステであればマイナンバーの提出は必要となりますので
事前に確認はとられたほうがいいでしょう。

いずれにせよ、マイナンバーから職歴が発覚することは基本的にありませんのでそこまでご心配される必要はといえるのではないでしょうか。

A:お店によりますが身分証の提示は必要ですが
マイナンバーの提示は基本的に不要です!!