池袋メンズエステ求人|手取り70分11,000円

ブログ

たちつてと







前回は誉め言葉の『さしすせそ』についてご説明しましたが
今回は5つある使わない方がいい
会話の『たちつてと』に関してご説明していきたい思います!

■これを口にするのはNG! たちつてとの法則

「た」=「たいしたことないですね」
「ち」=「ちがうんじゃないですか」
「つ」=「つまらないです」
「て」=「てきとうでいいです」
「と」=「とんでもないです」








「たいしたことないですね」とは言うのはNG!!
男性はプライドが高いので、誰かよりも下に見られることが大嫌いな生き物なんです。
こんな言葉を言うセラピストさんには、自慢話もしづらいですよね?
自慢話をしたのにこのようにバッサリ切られてしまっては、男性は立場がありません。
この言葉を口にした瞬間、お客様の中であなたの株は急降下。
マイナスの印象を残してしまいます。










何かを話している時に「それ、ちがうんじゃないですか?」と言われたら
男性は話す気をなくしてしまいます。
あなたに話すたびに、否定的な意見を言われると、”この女性には認めてもらえない”と感じさせてしまい、
何も話す気が無くなってしまいます。

なにかアドバイスをするときは、男性に意見を求められたときだけか
「それもいいけど、こういう考え方もあるんじゃないかなぁ?」というように
ワンクッション置いてから自分の意見を言うようにしましょう。







「つまんない」という言葉は男性であれ、女性であれ傷ついてしまいます。
興味のない話のときは、さしすせその法則に従って「そうなんですか!」といって乗り切りましょう!
その時、表情や目線に注意してください!

あきらかにつまらなさそうな顔で「そうなんですか!」と言っても効果がありません・・・







あなたを喜ばせようと思ってしてくれているのに、めんどくさそうに「てきとうでいいです」と言われてしまっては
がっかりしてしまいます。めんどくさそうに男性の好意を受け流さないであげてくださいね♪







男性があなたに対して何か褒めたときに、「とんでもない」といったニュアンスの言葉を使ってはいませんか?
実はそれ、男性がせっかく褒めてくれたのに全否定しているのと同じで、男性の自尊心をグサっと傷つける言い方になってしまいます。

せっかく褒めてくれた男性には「ありがとう」とその気持ちを汲み取って肯定してあげるように心がけましょう!