池袋新宿メンズエステ求人|70分16,000円の手取り

ブログ

腰が辛い!というお客さんが来たときの対処法

メンズエステはマッサージを含めた
仕事が中心であるために、お仕事していると、
時折「〇〇を中心にやってほしい」
「〇〇は疲れてないからマッサージしなくて大丈夫」
という要望などがあったりします。

そんなお客様の要望のなかでも特に多いのが、
「腰が辛いので腰を中心にやってほしい」というものです。
特に肉体労働者の方のお客様に非常に多い傾向にあると思います。

とは言え、整体とのマッサージとは別物(´-ω-`)
それではメンズエステで「腰をマッサージしてほしい」と
言われた際の対処法についてお話していきたいと思います。

「腰が痛い」お客さんが来たときは是非とも注意してください。
「腰をお願い!」と言われれば、
ついついお客様の要望に応えて何も考えず腰を重点的に
マッサージしてしまう方がほとんどだと思います。

しかし注意して頂きたいのが、
腰痛にはマッサージでは辛さが改善されないものもあるという点です。​​​​​​​
どころかかえって悪化してしまうケースもあります。

たとえば筋肉の緊張や、
身体の循環が悪いことに起因する腰痛であれば
マッサージによって解決できます。

しかし神経の痛みである場合は
マッサージで痛みが増してしまう可能性があるのです。

腰が痛いというお客さんが来たときは、
どの程度の痛みなのかを聞いてから対処するようにしましょう。​​​​​​​
もし通院中とのことでしたら、腰には触れないように施術しましょう。

さて、実際に腰のマッサージは
どうすればいいのでしょうか?

神経の痛みではなく、たとえば
「雨がふると腰が痛い」
「寒いと腰が痛くなる」といった肩なら血流のながれが
悪くなることで起こる腰痛の可能性がたかいですから、
マッサージしても大丈夫なのです。

腰をマッサージする際、うつ伏せに寝てもらい、
腰の背骨と骨盤をなぞるように押していきます。
​​​​​​​
指で押すのではなく、
手の付け根をつかって圧をかけるのがポイントです。​​​​​​​
背骨から筋肉を引きはがすような動きで力を入れてマッサージしていきます。

まず、メンズエステは医療機関ではありませんから、
お客さんの症状を治すわけではありません。

しかしある程度のお客さんの要望や、
どこをマッサージしてほしいかなど
聞いた上で施術を行うと、
満足度が上がるのでおすすめでございます。​​​​​​​